2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Souクンの成長曲線

*Book*

  • よしなが ふみ: 大奥 第6巻

    よしなが ふみ: 大奥 第6巻
    綱吉の晩年、家宣の時代へ。しかしあっけなく3年で没。次巻は、江島生島のようです。 (★★★★)

  • 一色 まこと: ピアノの森(18)

    一色 まこと: ピアノの森(18)
    雨宮の演奏が終わり、次!カイか!・・・・って、まだ待てですか・・・。テンポよく本が出てるだけでよしとしよう! (★★★★)

  • 中村 明日美子: 呼出し一(1)

    中村 明日美子: 呼出し一(1)
    ちょっと出るタイミングが悪くてかわいそうな気も・・・。相撲界の呼び出しという世界。まだ入門編のその前の1歩みたいで、なかなか気になるお話です!が、休筆中とか。復帰が待たれます! (★★★)

  • 中村 光: 聖☆おにいさん(5)

    中村 光: 聖☆おにいさん(5)
    ちょっと、プププ・・・なとこが少なかったこの巻。2か所ぐらいしかツボがなかった。「極楽か天国か。」次巻に期待! (★★★)

  • 仲村 佳樹: スキップ・ビート! 25
    VDの顛末。憎まれても脳内全部自分でいてほしい歪んだ男、不破。あっさり、敦賀さんに脳内持ってかれましたけど(笑)にぶちんどうしの京子と進展してるようなしてないような。 (★★★)
  • 宮川 匡代: 林檎と蜂蜜walk 2

    宮川 匡代: 林檎と蜂蜜walk 2
    新婚まみと、かちょーのお話がメイン。がんばりの空回りと、年長すぎる課長の実はかわいいところも見えたり。歩と大西はすっかり分かり合えてるみたいで。吉岡の転落がびっくり。 (★★★)

  • 樋野 まつり: ヴァンパイア騎士 12
    絵がカサカサで、枢と優希以外キャラがどれがどれか分かりずく、ちょっとつかれてきました。話もすすまねぇ。 (★)
  • 河原 和音: 青空エール 1-5

    河原 和音: 青空エール 1-5
    野球少年に恋をして応援するために吹奏楽部へ。とはいえ、吹奏楽部も普門館目指していて結構な体育会系。若干、暑苦しいというかクサいですけど。青春だからいいか~ (★★)

  • 山田 南平: オレンジチョコレート 4
    入れ替わり度が減ってきて、メディアの仕事の話が多くなってきたので、学園ものぽくない巻。 (★★)
  • 藤原 ヒロ: 会長はメイド様!5-10

    藤原 ヒロ: 会長はメイド様!5-10
    なかなか進展しなかったけど、一気に5冊読むと、やっとお互い通じたようで。この辺でそろそろいいかな。 (★)

  • 久保 ミツロウ: モテキ1-4

    久保 ミツロウ: モテキ1-4
    ドラマ化されたので。いまどきいそうな今一歩が出せない男子で。でもって、青年誌なので、出てくる女の子は、かわいいと来てる・・・。(笑)女のちょっとずるさがちょうどいい。 (★★)

  • 椎名 軽穂: 君に届け 11

    椎名 軽穂: 君に届け 11
    思いが通じ合った2人のラブラブなお話と、くるみちゃんとの女同士の和解?!もうこれ以上だらだらと続けないで、いいと思うのですがね。 (★★★)

  • 田村 由美: 7SEEDS 16

    田村 由美: 7SEEDS 16
    花の生存がぎりぎりみんなにわかったのに、またもや流されて、生死不明。安吾と涼は、出ていき、その先で夏のBチームと出会う。Bチームの様子に戸惑いながらも、様子見をする2人。そして、新巻もあゆと出ていく。残ったメンバーは、ばらばらのチームの寄せ集めでもなかなかうまくいくようで。 (★★★)

  • 稚野 鳥子: クローバー 22
    柘植さんと栞さんの婚約が社内報に報じられ、ハルキと沙耶は週刊誌にスクープされ、心だけでなく、痔の手術で体までも弱ってるヒロイン・・・。とうとう、柘植さんには距離を置こうといわれ、ハルキには告白され。それでも・・うらやましいような気もしないでもない(笑) (★★)
  • 村上 もとか: JIN(仁) 第16巻

    村上 もとか: JIN(仁) 第16巻
    フランスにもいかず、奥医師にもならず、竜馬暗殺を阻止するため京都に向かうことにした南方。彼をこの期に暗殺しようとたくらみによって、次々と刺客が・・・。竜馬よりも、南方暗殺の方がやばそうで・・。 (★★)

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ワールド セール | トップページ | すそ上げ・・・ちくちく »

交渉人【4】/鹿男【3】

111_1交渉人【3】

  墨さん(笹野高史)が、爆弾の芋ようかんをもったまま、トランシーバーで
  会話する宇佐木(米倉涼子)。

  ボイスチェンジャーね。声紋でばれるんだよね。今は・・・。

  「アンフェア」みたく、パソコンに喋らせるとかした方がいいかもね。

  で、また交渉人と会話をするという無謀なことをするから、あっさりと、
  キーワードで引っかかって、容疑者は、この部屋の状態を知らないことを
  知られる。

  えーっと、物音立ててはいけないのに、桐沢(陣内孝則)・・・あんた、
  携帯パッチンパっちんさせるは、机をドンと叩くわ・・ええのか?(笑)

 

  でもって、声紋で、犯人(水川あさみ)があっさりと御用になるが、
  なのに別の連絡が入る。

  宇佐木「容疑者さん」と呼びかけるのに対して、「そんなダイレクトな名前
  よしてくれ」という。あーー、明らかに、人が変ったね。
  そのあたりちゃんと、設定しておけよ、容疑者さん。

  もっと複数犯かと思いきや、
  結局のところ爆処理班の伊豆田(内倉憲二)の犯行。

  後半、ちらちらと、伊豆田を見る宇佐木。ヘルメットの内側が曇る伊豆田

 

  それにつけても、爆弾コードをぶちーーーーと、大量に切る度胸。

  ちょっとやり過ぎ(笑)

  

  さても、家に帰るも、宇佐木の部屋の箪笥扉の内側に桐沢、木崎(筧利夫)、
  長谷部(鈴木浩介)、墨田の写真が。

 

  SITで、やっていくために攻略していく面々を貼っているのか、
  もしくは、父親の事件の敵なのか?

  それにしても、めっちゃいい角度の写真。どうやって盗撮したんや?ちゅー
  突っ込みはないのか?(笑)

     Line_15_01    

111_1鹿男あをによし【3】

  どうやら、このドラマ、あまり視聴率も、評判も悪いらしい。

  そーかー。

  ま、原作の小川には、あまり魅力的なところがなく、玉木くんがするから
  期待してみた人は、この精神薄弱な玉木くんにがっかりするようで。

  しかも、鹿に変身しないのか?とか、鹿がしゃべるまでに時間かかり過ぎ
  とか、原作読んでない人たちには、不満があるようで。

  

  あちきも、原作の時、大和杯まで結構きつかったから、そこから結構楽しく
  読めたしなぁ・・・。

   

  さて、さて、お話は、鹿に印をつけられて鏡で見ると、鹿の顔の小川(玉木宏)。
  けど、藤原先生(綾瀬はるか)や福原先生(佐々木蔵之介)たちには
  見えないようで。

  ふふふ・・・鏡だけではないのだな、鹿に見えるのは。乞うご期待!

 

  そして、少々パニくりながら、鹿に、ごめんなさいするも、
  「サンカクを手に入れたら、願いをひとつかなえてあげる」といわれ、

  サンカク=たぶん大和杯の剣道の優勝旗を手に入れるために、
  まずは、リチャード(児玉清)にそれを見せてほしいと頼むが、
  修理に出されていていると聞く。

  リチャード、ちょっと”サンカク”の言葉にびくっとしてましたね!(笑)

  

  修理先を割り出して、盗もうと、藤原先生と頑張るが、あっさりつかまり、
  しかも、南場先生(宅間孝行)までやってきて、お説教くらう。

  で、腹を割って、「サンカク」について言ってみるが、南場先生は、
  「ねずみ?運び番?」とキョトンとする。

  そう、南場先生は、ネズミの運び番ではありません。

 

  そして、原作にはない、藤原先生に本当の話をする。

  がぁ、藤原先生には、小川先生が心を病んでいる人にしか感じない。

  こうなったら、大和杯で優勝・・・というか、参加すら人数が足らなくて
  困難な奈良女学館。

 

  そこに、上下ともに白の剣道着を着た救世主堀田イトちゃん(多部未華子)!

  来週は、イトちゃんの活躍で、大和杯を取るところまでか?

  そして、イトちゃんも校門前で、小川と同じ風でしたよね~

  

  ネズミの声と、狐の声は、誰がするんだろう。
  器用な山寺さんが、3人ともするのかなぁ・・・・?(笑)

 

« ワールド セール | トップページ | すそ上げ・・・ちくちく »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99383/17917247

この記事へのトラックバック一覧です: 交渉人【4】/鹿男【3】:

« ワールド セール | トップページ | すそ上げ・・・ちくちく »